2019年03月22日

パリ、憎しみという名の罠』に関してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(15:16)

この記事へのコメント

1. Posted by morkohsonimap   2019年03月22日 21:28
今晩は、オリヴィエ・マルシャル監督の作品は日本の配給会社は散文的な
「あるいは裏切りという名の犬」「やがて復讐という名の雨」、「そして友よ、静かに死ね」このような邦題をつけて
ある意味成功してるんですが
この作品では堅気のお父さんが究極のお金儲けを考え付いて・・・
それにしてもフランスは階級社会ですねぇ
上流階級の女は怖いですし
下層階級の女も怖いねぇ
2. Posted by ヒロ之   2019年03月23日 13:50
>morkohsonimapさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
センスの良い邦題を付けますよね。
観てみたくなる意欲をそそってきますから。
なんか悲惨な結末だし、そういう意味でも金が絡むと怖いと思わせる作品でした。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。