2020年05月22日

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル』に関してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(16:25)

この記事へのコメント

1. Posted by ふじき78   2020年05月24日 13:33
すんげどうでもいい事を書くと、「リチャード・ジュエル」の「ジュ」で「ホテル聚楽」の「じゅらくよ~ん」を思いだしたりする。
2. Posted by ヒロ之   2020年05月24日 17:04
>ふじき78さんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
私は「リチャードソンジリス」を思い出してしまいました(笑)。
3. Posted by morkohsonimap   2020年05月25日 01:18
こちらにも、
実話の持ってる、ある意味冤罪の作り方の見本のような作品
ジュエルの人の良さがハラハラドキドキさせてくれて流石イーストウッドだなと
証拠方なけりゃだましてでも、犯人挙げて次の犯罪を防ごうってのは理解できますが
あまりにFBIは強引やね
そしてマスコミの無責任さを浮きぼりに下見事な作品デシタ 
そして人と人とのつながりの大切さを教えてくれた作品でもありました。
4. Posted by ヒロ之   2020年05月26日 15:59
>morkohsonimapさんへ

こちらにもありがとうございます。
人が良過ぎるが故に、この人どうなっちゃうんだろていう不安が自然と出てくる映画でした。
誰かを犯人に仕立てたいFBIと、それを面白半分に記事にしちゃうマスコミ。
腹が立つ分、主人公がんばれという応援心が出てきましたね、なんか心底ホッとするラストでもありました。
5. Posted by Puff   2020年05月26日 18:39
こんちはー!
ちょっと↑に乗っかりますが、
私は「ジェル」や「ジュエリー」、「じゅわいよ・くちゅーるマキ」なんてのも思い浮かべました(知ってます?)

この映画、実際にあった事件を元にしているのが戦慄を覚えますよね。
第一発見者が疑われるのは警察ではデフォなのでしょうが、それにしてもこれは酷過ぎる。
仰る通りこれじゃあ市民は恐ろしくて通報や人助けなんて出来ないですよ。

FBI、特に女ジャーナリストにむかつきました。
今、SNSやジャーナリズムのあり方や問われてますが、
木村花さんの件もそうですが、彼女を罵倒したネット民はもちろんのこと、制作会社やTV局の罪も重いと思いましたっス。
(TV局の会見がネット民に罪を押し付けているようだったので…)
6. Posted by ヒロ之   2020年05月27日 12:10
>Puffちんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます^^
「じゅわいよ・くちゅーるマキ」はちょっと分からなかったんですけど、ググってみたら「ジュエリーマキ」の事だったんですね。

第一発見者が一番に疑われるてのは今でも絶対にありそうですものね。
警察からしたら確かに「怪しい」と疑いを掛けるのも当然かとは思いますが、無理矢理犯人に仕立て上げるとなると話は別。
これは流石に酷すぎます。

SNSの誹謗中傷も最悪ですよね。
「テラハウス」でしたっけ?自分観た事がないんですけど、なんかそういう番組を観て、匿名だからとあれこれ芸能人の悪口を平気で書く人は、その程度の人間て事でしょう。
こういう屑は法律でなんとか重い罰を与えて欲しいものです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。