2020年07月07日

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族』に関してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(15:51)

この記事へのコメント

1. Posted by maki   2020年07月07日 20:59
こんばんは。
金持ち一家の奥様が
純粋で可愛らしくて、良かったですよね~
夜の夫婦シーンもえろかった。。。

コミカルな部分と、スリラー的なシーンが、
ちゃんとサスペンスしててそこはさすがだなあと。
カンヌはこういうの好きですよね、でも私、
アカデミー賞まで取るとは思わなかったです。
2. Posted by ヒロ之   2020年07月08日 19:48
>makiさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
あのソファーのシーンはエロ過ぎました。
お互いに触り合いだなんて、破廉恥ですわっ!

思ったのがアカデミー賞を取る程の内容なのかなと。
確かに良く出来た作品ではありますが、何時もの韓国映画とそんなに衝撃さは変わらないように感じました。
3. Posted by Puff   2020年07月08日 23:27
こむばんは〜⭐︎

うん、今回はコメディ色が強くグロさはやや抑えめでしたね。
自分としては「殺人の追憶」のような何とも言えない後味の悪さやじめっとした感触が好きなんですがw
本作もあの顛末は、仰る通り息子の「計画」なので先の会話のやり取りからするとやはり実現はしないという暗示ですよね。
そう考えると救いの無さがありますよね…。

半地下、さらに深い地下の住人の存在が予想を大きく上回る展開でビックリしました。
てっきり金持ち一家を乗っ取る話なのかと…、それではありきたりか。
やはり斜め上を行くソン・ガンホ監督は凄いですね。
4. Posted by ヒロ之   2020年07月09日 21:40
>Puffちんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます^^

僕もどっちかというとPuffちんと同じで『殺人の追憶』の方が好みかも。
これはこれで良かったんですけどね。
でもなんかアカデミー賞を取る程のものか?とは思ってしまいました。
何時もの韓国映画て感じで、突き抜けた部分は特に見当たらなかったですし。

裕福な家庭にパラサイトしていくという展開でありながらも、最後には全く違う方向性へとシフトチェンジしちゃう辺りはアイデアが抜群ですよね。
普通は乗っ取って終わり、という平凡な話で終わりそうですけど。
5. Posted by morkohsonimap   2020年07月13日 21:27
こんばんは、ポン・ジュノ監督作品にしては
かなりライトな作品だったような
格差社会の落差をコメディタッチで描いた作品でしたが
前半のお金持ち家族に寄生していくテンポの良さが実に作品に入りやすくしてくれてましたねぇ
後半の狂騒の展開も良かったかな
オトーサンの逃げ場はすぐに理解しちゃいましたが
格差社会の韓国で、長男の夢物語は夢でしかないわけで
オトーサンは永遠に地下野人になってしまうんですかね
韓国的なエグ味のほとんどない作品でしたし
着衣であれだけエロっぽい濡れ場が実によかったなぁ
6. Posted by ヒロ之   2020年07月14日 21:38
>morkohsonimapさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
確かに着衣であれだけのエロさを出せるてのは凄いですよね。
最終的に父親はあの地下室から出れるのか、てのが気になる所ですけど、あれだけ「無計画が一番良い」と言っていたので、その言葉はそう上手くはいかないよ、てのを示唆していたのかもしれませんね。
予想外が多過ぎて、そう意味でも先の読めない展開ではありました。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。