2017年08月22日

『きょうのキラ君』に対してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(16:19)

この記事へのコメント

1. Posted by 大阪ひろき   2017年08月23日 22:59
ヒロ之さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

ヒロ之さんと同感で、ベタなお話なんだけれど、それを補う、爽やかな主演二人の好演が功を制して、良作になりましたね。
同じく、見ていて、応援したくなりました。
「彼の秘密」も、ありがちなパターンの設定なんだけれど、何故か、本作では、あまり気にならなくて、楽しめました♪
ナイスキャスティングでしたね!
悲劇で終わるのか?と思わせておいて、見ていて、幸せな気持ちになれる、爽やかなエンディングが、待っていて、とても素敵でしたね。
飯豊まりえさんは、色白&美肌で、明るい髪色が似合う、本田翼さん系(個人的な意見ですが。)で、演技、ルックス共に、良かったし、平祐奈さんも、相変わらず、とても素敵でした。
最近は、「壁ドン」「顎クイ」さえ古くて、「カーテンの刑」なんですね。
とても勉強になりました。
ありがとうございます。

それから、美少女図鑑で、平祐奈さんをご紹介して下さって、本当に、ありがとうございます。
まゆげ美人、可愛いですよね。
平祐奈さんは、「本物」の美人だと思います。
髪型、髪色、メイク、スタイル、ファッション次第で、雰囲気美人の人は、多いですが、前髪を上げて、顔をハッキリ出しても、とても整った綺麗な顔立ちをしているので、本当に、可愛い女優さんだとと思います♪
これからも、ヒロ之さんの~図鑑シリーズ、とても楽しみにしています♪
連日、蒸し暑い日が続きますが、水分、塩分補給は、忘れずに、熱中症には、十分に、注意して、健康で、元気にお過ごし下さいね。
それでは、失礼致します♪
2. Posted by ヒロ之   2017年08月24日 19:58
>大阪ひろきさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
こちらも「秘密」系のロマンスということで借りましたが、主役の二人に好感が持てるので、最後まで温かい目で観る事が出来ましたよ。
まあ全体的にベタな内容なんですけど、純粋に愛する姿てのに心打たれまして、応援したくなりますよね!
女子が胸キュンするようなシチュエーションもバリエーション豊かですよね(笑)。
「カーテンの刑」とか初めて知りましたが、あんなの実際にされたら女子はたまらんのでしょうねぇ。
最後も綺麗な終わり方でとても良かったと思います。

平祐奈ちゃんはデヴューの頃から目をつけておりましたが、まゆげに特徴のある可愛らしい容姿が良いです。
お姉ちゃんには特別な想いがないのですが、平祐奈ちゃんには魅力を感じますねぇ。
二十歳を過ぎるまでは親の方針でまゆげはいじらないみたいなのですが、そのままでいて欲しいなあとは思いますね。
将来的にはお姉ちゃん以上に美しく成長する予感はします。

毎日暑いですねぇ。
兵庫南部では雷は鳴るのですが、集中的な雨が降らず、変に蒸し暑いので過ごし難いです。
大阪ひろきさんも、まだまだ暑さは続くと思いますから、体調管理にはお気をつけてくださいね^^
3. Posted by 大阪ひろき   2017年08月24日 20:43
ヒロ之さん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。
とても嬉しく思います♪

>こちらも「秘密」系のロマンスということで借りましたが、主役の二人に好感が持てるので、最後まで温かい目で観る事が出来ましたよ。

同感ですね。
ベタな内容でも、魅力的なキャストを起用することによって、凡作から、良作になるって言うことが、本作を見て、分かりました♪
セリフの演技ももちろんですが、場面、場面での表情の変化や豊かさ、あるいは、リアクションの上手さも、大切ですよね。
それから、ヒロ之さんも、「秘密」系の作品がお好きでしたか。
確かに、何の捻りも、大きなサプライズもない、平凡な作品よりも、劇中で、ビックリ!するような、展開のある作品の方が、引込まれますし、映画を見終ったあとの爽快感も格別ですからね。

僕も、最近、レンタルDVDにて、「秘密」系の作品を沢山見ました。

●「僕らのごはんは明日で待ってる」。
●「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。
●「君と100回目の恋」。
● 「一週間フレンズ」。
●「きょうのキラ君」。

上記に挙げた作品の中だったら、やっぱり、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が、設定は、複雑でしたが、映像、音楽、ストーリー、ロケーション、キャストが、良かったので、一番、グッと来ましたね♪

古い作品だと、
●「月とキャベツ」。
この作品も、彼女の秘密系の作品だと思います。
大ドンデン返しと山崎まさよしさんの音楽が、心に響きましたね♪

●「君の膵臓をたべたい」。
この作品も、彼女の秘密はもちろん、タイトル(作品名)の意味や予想を裏切る衝撃のラストも、気になります。
映画館またはレンタルDVDのどちらで、観るのかは未定ですが、楽しみにしています♪

それでは、改めて、失礼致します。
4. Posted by ヒロ之   2017年08月25日 15:46
>大阪ひろきさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。

何の変哲もないロマンスを観るよりは、こういう何かを隠している風のロマンスものには惹かれますね。
余り洋邦問わずロマンス映画は好んでは借りないのですが、事前に「秘密」的なものがあると知れば、興味を示してしまう私であります。
本作はその「秘密」に大きな驚きは無かったのですが、演じ者が皆魅力的だったてのがとても良くて、それがあってのこの評価へと繋がったのは確かではありますねぇ。

「月とキャベツ」は大阪ひろきさんからも以前オススメがあったので、借りてみようと思っているのですが、近所のゲオにはないので、宅配レンタルを利用してみようと探ってみても何時も貸し出し中になっているんですよ。
一応、リスト登録はしてあるのですが、実際に鑑賞できるのは何時になるかが分からない現状です。

公開中の「君の膵臓をたべたい」は公開初日からヒットしていますね!
ランキングにも入ってますし、これは期待してもいいのかな?
レンタルされる日が待ち遠しいですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。