2017年10月22日

『ジェーン・ドウの解剖』に対してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(14:38)

この記事へのコメント

1. Posted by maki   2017年10月22日 15:51
これは最近のホラーの中では
傑作!と思ってます(勝手に)
単なる魔女伝説ではなく、
復讐だったというひねったアイデアが秀逸。
トロールハンターのときもそうでしたが
この監督さん、巧いですよね~観客を引き込むの。
2. Posted by ヒロ之   2017年10月22日 16:16
>makiさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
分かります、かなり優れたホラーだと私も思いました。
とか書きながら★3つ半かよ!てつっこまないでくださいね笑
迷ったんですけどね★4つにしようかなと。
まあそれはさて置いて、アイデアがとても良いですよこれは。
ここまで引き込まれるとは思ってもいませんでした。

3. Posted by morkohsonimap   2017年10月22日 17:36
今晩は、ジャケットのお姉ちゃんにひかれましたが
拾い物の映画でしたねぇ、適度なエロ・グロさもスパイスになってるし
プロットとしてはオーソドックスなワンシチュエーションホラーでした
いつのまにか映画に引き込まれていましたね
4. Posted by とら   2017年10月22日 23:05
こんばんわ

この映画良かったですね。
色々な要素もありで、楽しませてくれました。

でも、かなりのグロシーンありましたよね。
そこだけ見ると、気持ち悪いですが、なぜかそう思わせない映画でした。

親子愛も良かった。
※彼女はだいぶ気の毒でしたが・・・

最近は、ホラーも原点に戻ってか低予算で面白い作品を作る志向にもどってきたので、いい方向だと思います。
ホラーに予算かけてCGたっぷりなんかは不要ですからね。
5. Posted by ヒロ之   2017年10月23日 14:00
>morkohsonimapさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
美しい死体でしたねぇ。
モルグ内で起きる惨劇というシチュエーションものでしたが、緊迫感溢れる作品になっていました。
短い映画でしたが思い切り引き込まれたのもあってか、もっと短い映画の様に感じてしまいました。
6. Posted by ヒロ之   2017年10月23日 14:05
>とらさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
見せ場盛り沢山の作品でしたよねぇ。
ある程度グロ耐性はついてきたと思う自分ですが、どうも人を解剖するのとかはちょっと苦手のようです。
病院嫌いが原因かしら笑。

低予算でも脚本と演出がしっかりしていれば幾らでも良作は撮れるという見本のような作品でした。
下手なCGはホラーには不要かもですね。
7. Posted by yukarin   2017年10月30日 16:24
こんにちは。
ジェーン・ドウも美しい死体のひとり?ですよね。
切り刻んでも燃やしてもきれい 笑
じわじわくる怖さに途中から昼間に観ました 笑
彼女はずっと死なず?に転々としていくんでしょうね...怖い、、、
8. Posted by ヒロ之   2017年10月30日 21:08
>yukarinさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
間違いなく美しい死体のひとりにはなりましたね。
ローラ・パーマを軽く超えたでしょう。
余りにも怖すぎて昼間鑑賞に変えられましたか笑。
けど、それも分かります。私もかなりドキドキしちゃいましたもの。
どうやっても消せない死体て事で、たらい回しにされるんでしょうけど、行く先々で災難を齎すと考えると怖いですよねぇ。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。