2018年03月24日

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』に関してのコメントが御座いましたらこちらにお願い致します。

(18:05)

この記事へのコメント

1. Posted by maki   2018年03月24日 20:55
こちらにも

はい。コマツさんの役どころも、スタンド使いです…(いかにも怪しいもんね)

でもヒロ之さんの言う通り、
続報いっこうにでてきやしない!
銀魂はすぐ「2がでるよん」と情報入ってきたのに…。
スペインロケまでしたのに!
やっぱり第一章で終わりじゃ……なんで危惧もしちゃうわけで。

ジョジョは一応全部読んでる私ですが
色々違和感はありますが、
思ってたよりかは良かったような気がするような、
ダメ「こんなもんか」は!と思う自分もいるような。
2. Posted by ヒロ之   2018年03月25日 14:49
>makiさんへ

コメントありがとうございます。

やっぱりねぇ、そんな予感はしました。
彼女もスタンド使いなのかあ。

全然続編の情報出てこないですよね。
興行的にコケたから、もう作らないんでしょうか。
原作ファンから観ると微妙?て感じですかね。
makiさんの複雑な心境、何となく分かりますよ(笑)。
3. Posted by メビウス   2018年03月28日 22:51
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました。


>なんだかコスプレ感ありありな人物像

・・思うに日本のアニメ・漫画実写作品が改悪多めな理由の一つにこのコスプレ感があるんじゃないかと思いますね。作り手側としては忠実と捉えてるんでしょうけども、それが時に仇となりますし、全然役者よりにも合わせていないんですよね。その点海外のヒーロー作品とかは雰囲気損なわず役者に合わせた容姿にアレンジを加えてるから成功してるんじゃないかとも感じます。

ジョジョに関してもそこはもうちょっと頑張りましょうと言いたいのですが、ただ仰る通り、限られた期限・予算でここまで原作に近づけた三池監督の手腕は確かにさすがだなとも思います^^
4. Posted by ヒロ之   2018年03月29日 13:33
>メビウスさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。

仰る通りですね。
原作に近づけたいという気持ちが変に空回りして、おかしなキャラクターになっていると言いますでしょうか、どうしてもこれじゃない感が生まれてきてしまうのが、日本映画の悪い部分ではあります。
そう考えるとアメリカとかは上手いですよね。
まあ「ドラゴンボール」みたいな例外もありますが(笑)。

ビジュアルに目をつむれば、ストーリーとか展開、アクションは結構良かったと思います。
そこは職人三池さんの手腕があってこそ、かもしれませんね。
5. Posted by ふじき78   2018年04月03日 23:30
JOJOは賛成派です。
こんなん日本人の監督ではこれ以上作れないよ。外人の監督だときっと踏み外すよ。コスプレ感はマンガ・実写の折衷点を探して、かなり似すぎず、似なさすぎずで上手く作ってると思う。大体、神木くんの役なんて原作では4頭身くらいだし、億奏なんて本当はロック様みたいだから、そんなんマンガのまま現実にしても成り立たないだろう。
6. Posted by ヒロ之   2018年04月04日 18:58
>ふじき78さんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
多分三池さんだから観れる作品に仕上げられたんじゃないかなと思います。
あの人、結構起用ですし。
雰囲気だけ似せればキャラは良いんじゃなかなと、下手に寄せすぎると逆に変になりますしねぇ。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。